お金がなくて困った、卒業旅行の行き先

学生時代、私はアルバイトをしていたので、そんなに普段からお金に困ることってなかったんです。
お金がなくてもそれなりに楽しめますしね。
夜ご飯はお金がかかるからお昼にランチにして安く行ったり、夜ご飯を食べるにしても安い居酒屋に行ったり・・・

でもそんな中で唯一といっていい程お金に困る時がありました。
それが「卒業旅行」です。

学生最後の思い出として、卒業旅行って絶対に行っておきたいものですよね。
アルバイト先の友達と、大学の仲良しグループと、高校時代から仲のいい友人と・・・
そしてせっかくなら海外に行きたい!長期間で!だって社会人になったらそんな長期間休みは取れないし。
そう思ってました。でも旅行に行くならそれなりのお金が必要じゃないですか。私にはそのお金が無かったんです。
貯金なんてしてなかったんですもん。

でも周りの友達は貯金をしていたのか、親に出してもらうのか、、数十万はかかるであろうヨーロッパ旅行に行ったり、卒業旅行と称して何回も海外や国内の旅行に行っている子が多々いました。
私も友達に誘われました。ヨーロッパ旅行に行かない?グアムはどう?と。
だけど断ることしかできませんでした。お金的に厳しい・・・と。
その時に私は思ったんです、ああ、貯金しておけば、お金があれば・・・と。

結局私は卒業旅行として行けたのは、ディズニーランドと東京観光でした。
もちろんディズニーも東京も楽しかったですが、卒業旅行としては少し物足りなかったなぁ・・・。

やっぱり大学の卒業旅行として行くなら海外へ行きたかったですね(笑)
今から思えば無理してでも、何としてでも行っておけばよかったなあ、と悔やまれます。
だって、一生の思い出になるわけですから。
写真だって、学生時代に海外に行った姿が残るわけですし、今でもふと思うことがあります。
※コチラをご参照 <学生ローン>

私が学生時代の私に言ってあげられるなら言ってあげたい。卒業旅行のためにお金を残していた方がいいよと。
そのあと新入社員になった時、卒業旅行の話になり、ニューヨーク経由でハワイに行ってきた、とかルーブル美術館は最高だったよ、とかいう話がよくでてきて、私はなんとなく恥ずかしくて皆の話を羨ましく聞いていたことを思い出します。

学生時代は時間がたくさんあるんだから、貯金なんてしなくていい、普段から楽しんでお金を使えばいい、と言いたいところですが、学生最後の思い出卒業旅行を充実させたいのなら少しは貯金も必要ですね。

以上が私の「学生がお金に困る時」のお話でした。

毛抜きで自己処理をした結果

脚と脇の脱毛は是非したいです。今まで剃刀と毛抜きの両方を使って処理をしていましたが、毛抜きでの処理がよくなかったのか、次から生えてくる毛がどんどん皮膚の下で生え黒くなっています…。

脚の表面に生えてきた毛は向きがあちこち向いていたり、抜く時に皮膚を傷めて赤くなっています。ただ剃刀よりも毛の生えが遅いように感じたのと、処理後の肌がつるつるするので、気が付いたら毛抜きでどんどん毛を抜いていました。

もともと毛が濃いのでつい気になってしまうのです。脇も同様です。黒く皮膚下で毛が生えているようで見た目がきれいではありませんし、なんだか肌がくすんで見えます。夏はノースリーブの服で腕を上げるのが少しはずかしいです。

割と敏感肌なので、シェービングクリームやジェルはかゆくなることがあり、専用のものを使用したほうがきれいに仕上がるのはわかっていつつ剃刀使用時はボディソープを代用しています。

大雑把な自分は剃刀もそんなに頻繁に変えていなかったので、錆びたものや刃が歪んでいるものを発見した事もあります。そんなものを使ったら肌にも悪いですよね。実際に皮膚を傷つけた事もありますし。

きれいにしたくてやっていたことが逆に見た目を悪くしていたことにとても後悔しています。

今からでも遅くないと思うので脱毛は是非挑戦したいです。

今は低価格でできる脱毛もありますし、仕事帰りに立ち寄れるような脱毛サロンもたくさんあり、仕上がりも見た目も自己流とは比べ物にならないと思います。

実際にプロに脱毛をお願いしている方を見るとやはりとてもきれい!うらやましいですし、隣に並んで素足を出すのはちょっと抵抗がありますね…..。

毎日処理をしなければいけない面倒や剃り残し等もないですし!女子力を上げるには脱毛はマストかなと思います。

特に夏場はきれいな脇と足で自信を持って素肌を出せたらもっと夏をエンジョイできるし、ファッションも楽しめると思います!

なので、高松住みの私は家から近い脱毛サロンをこちらで探して現在通っています。
http://xn--7stz4szrdh41agk3a.com/

おとなしい娘の口下手を治す

昨年私たち家族はいろいろと理由があり住んでいた地域から少し離れたところに引っ越すことになりました。

引越しも急に決まったので急いで見積もりを出してもらったりとバタバタしてしまいましたね。少しでも高松にある引越センターで安いところが良かったので。。。

香川県高松市で引越しする際に選ぶ引越し業者※安い?丁寧?

娘にはご近所のお友達と離れることになるので寂しい思いをさせてしまったとは思いますが。。。また新しいところでお友達作りを頑張っています。

うちの子供は我慢強いと言うか、いい子過ぎて困っていました。お友達におもちゃを取られても言い返せない、取り返せない、自分の物であってもです。本当に気苦労が絶えませんでした。幼稚園に入る前までは、たとえ、公園遊びや児童館でそんなことがあっても、私も側にいますし、相手の親もいます。が、しんどいのは、幼稚園に入ってからでした。新しいハンカチやお弁当箱などを持って行くと注目を浴びるらしく、見せて、見せてが、貸してになり、そのうち、ちょうだいになるのです。本当にかわいそうでした。

これじゃだめだ、と思い娘と特訓を始めました。取られたら、「いや、返して」「やめて」と言う練習です。「なんで、言えないの!」と怒鳴ったこともあります。悲しいことですが、このままで良い訳ありません。

何でも取る子供ばかりではありませんが、どのクラスに行ってもやんちゃな子供はいるものです。仕方がありません。そんな事が一年続き、新しいクラスに変わり、娘に変化が見られるようになりました。

ある時、近所の雑貨店で可愛らしいヘアゴムが売っていたのです。「欲しい!」すぐに娘は言いました。そして、幼稚園につけて行くといったのです。「大丈夫?取られたりしない?」と聞くと「ちゃんと、言える!」と言いました。

娘が自分から自信を持って言ったのです。すぐにたくさん応援しました。「よし、えらいね。がんばろう!大切なヘアゴムだもんね。」 次の日になり、娘は元気よく登園しました。案の定、可愛い、見せてと言われたらしかったのですが、「ダメ」とちゃんと言えたようでした。

「貸してあげない」ってちゃんと言えたよと、娘は、幼稚園のバスから降りると、すぐに走りながら喜んで帰ってきました。

「ママ、抱っこ~」ご褒美の抱っこはギュウギュウ、何度もしました。娘と一緒に私も喜びを隠し切れませんでした。

一度、やんちゃな子供に言い返したことで自信がついたようでした。娘の口下手は、なかなか難しいですし、すぐには直らないかもしれませんが、自分の意見が言えるよう気長に接していきたいです。

ほとんどゲームセンターにお金をつぎこんでいた学生時代

思えば学生時代は一番お金を無駄に使っていました。
お小遣いやバイト代の大半をゲームセンターにつぎこんでしまっていました。

大学入学まで、我が家はお金に関してはすごく厳しくて、ほとんど自分の自由に使うことを許されませんでした。
高校生の時もお小遣いはもらっていたけど、漫画も買ってはダメ、ゲームソフトも年1回しか買ってはダメ…どこの小学生だって感じですよね。

なので、大学に合格して学生時代遠くまで自由に移動できるようになってからは、親の目の届かないところで好き勝手してしまったんです。

私の場合はとにかくゲームセンターにハマってしまい、特にUFOキャッチャーに多額のお金をつぎ込んでしまっていました。

景品1個取るのに1万円つぎこんだこともありましたね。

あとはパズルゲームもやりこんでいました。当時はモバゲーなんてなかったので対戦するにはゲームセンターで向かい合ってやるしかなく、両替した100円玉を積み上げて延々とやりこんでいた記憶があります。

相手が強かったりするとムキになって何千円もつぎこんでしまって、それでも結局勝てなかったりしたんですよ。本当にもったいないことをしていました。

結局10万円以上あった貯金も全部ゲームセンターで使い込んでしまい、残高数百円になった段階でハッと気づいてつぎこむのをやめることができました。

あれで借金してまでやめられなかったら大変でしたね。そこまではさすがに行かずに反省できたので救われました。

無駄遣いしつくした学生時代ですが、あの時代があったからこそ社会人になってからはお金を大切にして無駄遣いしなくなったんだと思っています。